音波探査記録で見えるものはReflectorかReflectionか?

辻野 匠(Taqumi TuZino)

音波探査記録(プロファイル)を解釈し,それを記載する時,反射面をreflectorとするか reflectionとするかで悩んだことがある.音波探査記録解釈の原点ともいふべ きMitchum et al(1977)には,reflectionと書いてあるが,最近の論文では reflectorといふ表現を多く見かける.どちらが正しいのか?どちらも正しい のか?

答:音波探査記録で見えてゐるものは,reflectionsであって, reflectorsではない.だから,プロファイルの記載にはreflectionsの用語を 使ふのが正しい.Reflectorといふ言葉を使ってよいのは,

the top of the basement acts as a reflector.
といふやうな場合だ.Reflectorsとはhigh impedance contrastをつくるモノ そのものである.それ自身はプロファイルで見えない.プロファイルに見えて ゐるものは,反射面(反射音が水平方向に連続したもの),すなはち, reflectionsである.

参考までに辞書による定義をあげる.
POD8
reflection: reflection or being reflected. a reflected light, heat, or colour.
reflector: piece of glass or metal etc. for reflecting light in a required direction. the mirror itself.
OALD
reflection: an image in a mirror, on a shiny surface, on water, etc.
reflector: a surface that reflects light.
WNWCD
reflection: a reflecting or being reflected.
reflector: a person or thing that reflects; esp., a surface, object, etc. that reflects light, sound, heat, or the like.

POD8: Oxford Pocket Dictionary, 8th ed. OALD: Oxford Advanced Learner's Dictionary (6th ed.). WNWCD: Webster's New World College Dictionary (4th ed.).

WNWCDの定義は,そのものズバリである.

これを鏡と光で喩へる.reflectionは鏡に反射した光である.reflectior は鏡そのものである.プロファイルに相当するものは私達の目,あるいは写真 である.写真に鏡は写らない.写ったと思ってゐるものは鏡に反射した光であ る.この喩からも,プロファイルの記載にはreflectionsの用語を使ふべきだ とわかる.

参考文献
Mitchum Jr., R. M., P. R. Vail, and S. Thompson III (1977) Seismic stratigraphy and global changes of sea-level: part 2. The depositional sequence as a basic unit for stratigraphic analysis., in C. E. Payton ed. Seismic Stratigraphy--Applications to Hydrocarbon Exploration.: American Association of Petroleum Geologist, pp. 53-62.


*All your base are belong to us.
This should be like these:
Your base is completely under our control.
or All of your bases are completely under our control.